TOP > 業務内容

医療・工業シーンでの技術開発をサポートいたします

安全・快適な環境づくりをサポートいたします。

近年、高性能・高レベルな電子機器や高エネルギー放射線を発生する機器が次々と開発され、人体や周辺環境に対する高度な電磁波シールドや放射線遮蔽工事が必要不可欠となっています。
私たちレイテックでは数多くの実績で培われた経験を基に高い技術力を提供いたします。
また、当社では設計・施工にとどまらず、納入後のアフターメンテナンスまで一貫したサービス体制を整えておりますので、併せてご提案させて頂くことも可能です。

 
電磁波シールド工事

電磁波シールドとは

電磁波シールドは不必要な電磁波の影響を避けるための設備

電磁波シールドとは、外部から到来する電磁波及び内部で発生する電磁波を遮蔽することを指します。
一般的には金属などの導電性材料で室全体を覆い、シールドルームを形成し外来電磁波を室内に入れない、または内部で発生する電磁波を室内に閉じこめて外部に漏らさないことを目的とします。
また、電磁波(広義)とは、大別すると電波(電界)と磁気(磁界)に分かれ、その周波数や性質によって対策方法が異なりますので、それぞれにあったシールド施工計画が必要となります。

電磁波シールドの説明

電磁波シールドは導電性・透磁性の高い素材

導電性の高い素材は、亜鉛鉄板・鋼板・アルミ板等で出来ています。
導電性の高い素材(亜鉛鉄板・鋼板・アルミ板等)で構成。主に電磁波を表面反射させて遮断するもので、遮蔽効果は材料の厚みに左右されることはなく、銅箔やアルミ箔を用いることもあります。原則として、床、壁、天井の6面を囲うことが必要です。
透磁性の高い素材は、パーマロイ・電磁純鉄・珪素鋼板・アモルファス等で出来ています。
透磁性の高い素材(パーマロイ・電磁純鉄・珪素鋼板・アモルファス等)で構成。主に磁気の通り道をつくることで、内部への侵入を防ぐもので、遮蔽効果は材料の種類や厚みに左右されます。
床、壁、天井の6面を囲うことが最良ですが、遮蔽効果をあまり要求されない場合は、部分的に省略することも可能です。

電磁波シールドは導電性・透磁性の高い素材

電磁波シールドはこんなシーンで使われています

MRI設備のヘリウムガス管・磁気シールド層・空調用シールドカバーなど

MRI設備のシールド扉・シールド窓・電波シールド層にも

医療施設

MRI室
MRI(Magnetic Resonance Imaging)装置とは核磁気共鳴という原理を利用した医療機器で、人体に強力な傾斜磁場をあてることにより、主に人体の水素原子から発せられる微弱な電波信号を画像にする装置です。
よって、MRI室外部から到来する電磁波を室内にいれないため及びMRI装置からの強力な電磁波を外部に漏らさないための両方の目的で電波シールドルームが必要です。
また、強力な磁力線がMRI室外に漏洩し他の検査機器や人体(心臓ペースメーカー)に影響を与えることを防ぐ目的で、部分的または室全体に磁気シールドが必要な場合もあります。

MRI室

脳波室、筋電図室

脳波室、筋電図室
脳波計とは頭部に電極を装着し、脳の電気活動を記録する装置です。
微弱な電気信号を波形にしているため、室外からの外来電波を脳波室内にいれないための電波シールドルームが必要です。

聴力検査室
通常の聴力検査室であれば電波シールド工事は特に必要なく、防音工事のみで問題ありません。
その場合には、高レベルな遮音性能が要求されますので、床は浮き床構造とし、壁・天井等についても防振ゴム等で躯体と絶縁する必要があります。
また、空調ダクトについても消音チャンバー等を設置し、クロストークを防ぐ対策が必要です。
ただし、平衡機能検査や他の生理検査を一つの検査室で兼用する計画の場合には、上記の防音工事に電波シールド工事を付加した仕様が求められます。

聴力検査室

工場・研究施設

電磁シールドルーム
電子機器の研究開発部門や品質保証部門で、他の機器やシステムへの妨害波を抑えたり機器自身が妨害波を受けても性能低下がないか確認をするための電磁シールドルームが必要です。
(EMC対策、イミュニティ対策)

電磁シールドルーム

磁気シールドルーム

磁気シールドルーム
半導体工場での電子線描画装置や研究施設での電子顕微鏡は、周囲の環境磁界の影響を非常に受けやすい装置です。
そのため、送電設備や電車などからの変動磁界を抑える磁気シールドが必要になる場合があります。
また、研究施設で有機化合物の解析などに用いられるNMR装置は医療用のMRI装置同様、非常に強い磁場を発生するため、周囲に影響を与えてしまうことがあります。
このような場合にも漏洩磁場を抑える目的の磁気シールドが必要です。
前者の場合には透磁率の極めて高いパーマロイ(鉄、ニッケル合金)を用い、後者の場合には一般的に電磁鋼板を用いて磁気シールドルームを形成します。

商業施設、通信施設

商業施設、通信施設

オフィスビルや通信施設内での無線LANやPC本体・モニター・キーボード接続ケーブル等からの漏洩電磁波はさまざまな機密事項を含んでいます。
その電磁波を傍受されることにより国家や企業、個人の情報が漏洩することを防ぐために電磁シールドルームが必要です。(テンペスト対策)

また、電気室や配電盤・ケーブルラック・EPSなどの近傍は商用周波数(50/60Hz)の交流電流が流れることにより交流磁界が発生します。この交流磁界を遮蔽し、周辺機器や人体への影響を抑えるために磁気シールド工事が必要です。

放射線遮蔽工事

確実な放射線遮蔽技術が人体を守ります

放射線シールドで病院施設・研究施設等の放射線遮蔽を推進

近年、放射線を利用した医療機器はますます高エネルギー化しています。
医療従事者や作業従事者または第三者への被爆を最小限に抑えるために最適な遮蔽計画と確実な施工管理が必要です。
一般的には比重の重い材料(コンクリート、鉄、鉛)で室全体を覆い、放射線が外部に漏洩しないように放射線遮蔽室を形成します。ただし、放射線はエネルギーや種類によって遮蔽体の材質・厚さなどにかなりの相違があるため、使用条件や周辺環境にあった確実な遮蔽計画が必要です。

放射線遮蔽設備はこんなシーンで使われています

医療施設

エックス線室(一般撮影室、X線TV室、CT室、血管撮影室など)
小規模クリニックから大学病院まで必ず医療施設には存在し、主に画像診断が目的の検査室です。
一般的には鉄筋コンクリート(厚さ150〜250mm)または鉛板(厚さ1.5〜3.0mm)で 室全体を囲いエックス線遮蔽室を形成します。
ただし、エックス線には方向性がありますので、遮蔽計画には注意が必要です。
当社では保健所向けの遮蔽計算書・設置届の作成、漏洩線量測定も対応いたします。

エックス線室

エックス線撮影室・サイクロトロン室

放射線治療室(リニアック室、トモセラピー室など)
主にがん等の悪性腫瘍を治療するために、高エネルギー放射線を腫瘍もしくは全身に照射する治療室です。
遮蔽のためには室全体の壁及び床、天井を厚さ1500mm程度のコンクリートで覆い、かつ利用線錐方向には 厚さ400〜500mm程度の鉄板を設置します。
また、出入口扉やダクト等の貫通部にも鉛やボロン入りポリエチレンなどでの遮蔽対策が必要なため、かなりの専門知識を必要とします。
当社では文部科学省向けの放射線障害防止法に係る使用許可申請書などの作成もお手伝いいたします。

PET室
PETとは、ポジトロン・エミッション・トモグラフィーの略で、『陽電子放射断層撮影』という意味です。
この検査は、ブドウ糖と放射性同位元素との化合物を体内に注入し、がん細胞に集まったブドウ糖(放射線)を計測することにより、主にがん細胞の発見を目的としたものです。
また、体内の機能や代謝障害の発見も可能なため、アルツハイマー病等の診断にも役立ちます。
X線CTでも同時に撮影することにより、PET−CTとよばれることもあります。
PET室の遮蔽には通常コンクリートを用いますが、待機室や管理区域境界の壁を乾式で計画する場合には、鉛厚が5〜25mm程度になることもありますので、充分な注意が必要です。

PET室

工場・研究施設

自動車のエンジンや航空機機体の溶接部は、エックス線を用いた非破壊検査が行わる場合があります。
この場合にもエックス線の漏洩を防ぐために、遮蔽室を形成する必要があります。
通常は医療用のエックス線装置よりも出力が高いため、鉛板であれば厚さ5mm〜10mm以上の遮蔽が必要となります
 
 

放射線遮蔽工事 施工状況写真
工場・研究施設

建築・設計施工

医療福祉施設の増築・リニューアルをお手伝いします

MRI装置や放射線治療装置等大型医療機器の設置に伴う改修工事や増築工事には、一般的な建設業者では未経験な特殊知識が多分に要求されます。
レイテックでは、大型医療機器が設置可能かどうかといった既存建物の構造計算や設備検討、建物の改修工事計画、インテリアデザインのご提案など幅広く対応させて頂きます。
また、増築・リニューアル工事の場合には、医療機器に関する高度な知識を核に、医療従事者の方や患者様の動線を考慮した平面プランのご提案をいたします。
当社では、建築確認申請書や医療法にかかる一部変更許可申請書の作成など各監督官庁への申請書作成業務にも対応いたします。

病院・医院の医療機器導入の際の電磁波シールドや放射線遮蔽工事

ページ先頭へ戻る

Copyright(C) RAYTECH CORPORATION All Right Reserved.