TOP > 業務の流れ

レイテックの施工業務の流れ

基本計画

条件をお伺いして、用途に応じた設計計画を立てます
・与条件の整理(ヒアリング)
・電磁環境調査 
・用途に応じた環境の設定 
・必要に応じたシールド性能設定

電磁環境調査やシールド性能設定などの設計計画

条件や用途に応じた環境の設定

基本設計

設計計画が実現可能なことを確認したら、具体的な設計調整をします。
・シールド工法の設定
・シュミレーション
・設備計画(空調・電気)

シールド工法の設定やシュミレーションを行います

空調や電気などの設備計画を行います

実施設計

詳細設計を行い、施工図の作成及び部材製作に入ります。
・シールドディテールの設計
・製作、施工図面の作成

シールドディテールの設計の制作に入ります

製作・施工図面の作成も始めます

施工・管理

現場管理者や設計担当者が、工事の進捗状況を確認します。
・部材製作工場での品質管理
・ディテールの確認、点検
・必要に応じて中間性能測定の実施

現場での工事の進行確認や点検を行います

ディテールの確認や点検を行います

竣工

数々の段階を経て、工事が完了します。
 

竣工に入ります

工事の完了

性能検査 工事完了後

工事完了後、検査スタッフが性能値の確認測定をいたします。
・第三者機関による設計性能値の確認測定(MIL-STD-285法等による準拠)
・竣工検査

検査スタッフによる設備性能の点検

設計性能値の確認測定や竣工検査を行います

お引渡し 工事完了後

性能点検を実施して問題がないことを確認したのち、お客様へお引き渡しいたします。これで工事は完了です。
・性能評価
・報告書の提出

性能点検後にお客様へ引き渡します

性能評価と報告書の提出を行います

メンテナンス 工事完了後

シールドルームの性能劣化を防ぐためにも定期的なメンテナンスをお勧めします。
・メンテナンス契約に基づく保守・点検

工事完了後のアフターフォローも行います

メンテナンス契約に基づく保守・点検を実施します

電磁波シールド・放射線遮蔽設備等の施工・設計は052-324-8521までお問い合わせください

ページ先頭へ戻る

Copyright(C) RAYTECH CORPORATION All Right Reserved.